中日・柳VS広島・森下 17日に明大“師弟対決”実現 「気持ちを込めて」「先輩だけど…」

[ 2020年10月16日 18:12 ]

17日に先発対決する広島・森下と中日・柳
Photo By スポニチ

 ついに師弟対決が実現する。17日の予告先発が発表され、中日・柳と広島・森下が投げ合うこととなった。

 2人は明大出身で柳が3学年先輩。寮では1年間、同部屋だった。明大で主将を務め、ドラフト1位で入団と同じ系譜を歩む2人の投げ合いは、17日が初めて。

 先輩の柳は9月25日の巨人戦で6失点KOされ、2軍落ちしてからの復帰戦。それだけに「チームのために1球1球、気持ちを込めて投げていきたいと思います」と誓った。

 一方、後輩の森下は「先輩だけどいい投げ合いができればいいと思う。負けないようにしたい」と意欲。8勝で新人王争いの筆頭候補に名前が挙がるなか「自分が勝つことができれば付いてくるもの。まずは役割を果たしたい」と冷静に話した。

 どちらに軍配が上がるか。明大の師弟対決は17日午後14時にマツダスタジアムでゴングが鳴らされる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月16日のニュース