高校生合同練習会 東海大甲府・渡部 フリーで柵越え2発「自分のスイングできた」

[ 2020年9月5日 16:01 ]

NPB合同練習会第1日 ( 2020年9月5日    東京ドーム )

東京ドームで行われるプロ志望高校生合同練習会(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 フリー打撃では東海大甲府・渡部海夢(かいむ)外野手が2本の柵越えを放った。

 「プロ志望届を出して(きょう)それなりの結果を出さなければいけないので緊張した」。渡部は胸をなで下ろすと、2本のオーバーフェンスには「自分のスイングができた結果。持ち味の伸びる打球が打てたと思う」と胸を張った。

 スタンドで視察した巨人の榑松伸介スカウト部次長は今夏の山梨大会(代替大会)も足を運んだと明かすと「あれだけバットを振れるのは大きな魅力」と話していた。

 あす6日は合同練習会に参加している投手とシート打撃で“対戦”。「見たことない投手ですが、自分のスイングが出来れば…」と意気込んでいた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2020年9月5日のニュース