JR東日本・浜岡監督が初陣「常勝チームをつくりたい」

[ 2020年2月13日 05:30 ]

3・12開幕 社会人野球第75回JABA東京スポニチ大会

大会への意気込みを話すJR東日本・浜岡監督(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 社会人野球の第75回JABA東京スポニチ大会(3月12日開幕、神宮など)の組み合わせが12日、決まった。

 JR東日本を率いる浜岡監督は、15年指揮した前監督の堀井哲也氏(現慶大監督)からチームを引き継いでの初陣だ。即戦力新人が多く入社予定。東海大相模で15年夏の甲子園を制した東海大出身の遊撃手・杉崎、白鴎大出身の外野手・金子らに期待がかかる。「堀井さんに泥を塗らないよう、常勝チームをつくりたい」と力を込めた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月13日のニュース