元ロッテから城西大コーチ就任へ、元巨人の監督とプロコンビ結成

[ 2015年3月5日 08:00 ]

現役時代の代田氏

 2010年までロッテでコーチを務めた代田建紀氏(41)が4月から首都大学野球リーグの城西大のコーチに就任することが4日、分かった。

 巨人などで活躍した就任6年目の小原沢重頼監督とともに「元プロコンビ」が誕生する。代田氏は現役時代にイースタン、ウエスタン両リーグで盗塁王を獲得した実績がある。昨年3月に学生野球資格の回復が認定され、母校の後輩に走塁面の技術をはじめ、幅広い指導が可能になった。小原沢監督は「野手は昨年から経験者が残っている」と、12年ぶりの優勝に向けチームづくりを進めている。今年は大学創立50周年の節目の年だけに、代田コーチとの強力体制で巻き返しを図る。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2015年3月5日のニュース