大谷 年末年始は感染性胃腸炎に「うなされて何も覚えていない」

[ 2014年1月3日 14:46 ]

 日本ハムの大谷翔平投手が3日、母校の岩手・花巻東高で2年目に向けて始動した。背番号11にちなんで午前11時11分に動きだし「高校時代を思い出しながらできたのですごく良かった」とランニングやキャッチボールで体を動かした。

 年末年始は感染性胃腸炎にかかり「うなされていたから何も覚えていない」と初夢も見られなかったという。体調は少しずつ回復し、野手より投手に重点が置かれる今シーズンへ「何とか2桁勝てるように。そのためにも最初からローテーションに入れるようにしたい」と目標を語った。

 今後は千葉県鎌ケ谷市の2軍施設で練習し、チームより早めにキャンプ地に入る予定。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年1月3日のニュース