原監督 藤浪を警戒 勢いつけるキーマン「怖い存在」

[ 2012年12月17日 06:00 ]

ブラックスワン(黒い白鳥)がいるコースでラウンドする巨人・原監督

 巨人・原監督が阪神のキーマンにドラフト1位・藤浪(大阪桐蔭)を挙げた。

 選手会主催のゴルフコンペ(コオリナGC)に参加した指揮官はライバル球団の来季戦力を分析。真っ先に今年の春夏甲子園優勝投手を挙げ「若い刺激というのがチームを活性化する、強くする上で必要な部分。その辺も怖い存在になるわけですよね」と話した。

 チームも今季、2年目の宮国が6勝。4月8日の阪神戦(甲子園)ではプロ初登板初勝利を挙げ、チームの連敗を5で止めた。今季の伝統の一戦は15勝5敗4分けと圧倒。しかし、藤浪が宮国のように阪神に勢いを与える存在になることに警戒心を強めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年12月17日のニュース