村中 2000万円増も「怖さ感じる球投げられなかった」

[ 2012年12月17日 17:56 ]

 ヤクルトの村中は17日、2000万円増の6500万円で契約を更改した。

 昨季は故障などで4勝止まりだった。今季は2年ぶりに10勝を挙げたが「怖さを感じる球を投げられていなかった」と反省する。「平均して140キロ中盤を出せれば成績も安定する。優勝するために一つでも貢献できれば」と完全復活を誓った。

 中沢は3試合の登板にとどまり200万円減の1650万円、七條は100万円減の1500万円でサインした。(金額は推定)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年12月17日のニュース