PR:

監督絶賛の“新星” 重友「自分に負けそうなのが嫌でまた頑張れる」

ロンドン五輪代表選考会を兼ねた大阪国際女子マラソンで初優勝、2時間23分23秒でゴールする重友梨佐

大阪国際女子マラソン
(1月29日 長居陸上競技場)
 3大会連続で五輪代表を輩出している天満屋の武冨豊監督が「新エース」と絶賛した重友梨佐が独走で制し、ロンドン五輪に大きく前進した。

 岡山・興譲館高出身。招待選手の中では一番若い24歳はかなりの負けず嫌い。「走っていて苦しい時に自分に負けそうになる。そんな自分が嫌でまた頑張れる」と重友。後半、独走態勢になって、ペースが落ちそうになるとまたタイムを上げる走りがそれを象徴していた。

 出場するはずだった昨年3月の名古屋国際が東日本大震災のため中止に。翌4月、初マラソンとなったロンドンでは24位に終わった。うまく調整が出来ない中で、この大阪に照準を合わせてきた。

 「五輪出場がかかったレースに出場できて幸せ」と話していたが、内心では五輪代表の座を虎視眈々と狙ってきた。それが堂々トップでゴール。女子マラソン界の“新星”が惨敗したロンドンでリベンジのチャンスを手に入れたようだ。

[ 2012年1月29日 15:19 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(スポーツ)

      ※集計期間:12月14日00時〜01時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      テニス

      ゴルフ

      大相撲

      Go!アスリート

      コラム

      ランニング企画