PR:

元気3戦連発もPK献上で消沈「あのミスは悔やまれる。申し訳ない」

W杯アジア最終予選 ( 2016年10月11日    オーストラリア・メルボルン )

<オーストラリア・日本>>前半、原口が3戦連発の先制ゴール
Photo By スポニチ

 W杯アジア最終予選B組の日本代表は11日、メルボルンでオーストラリアと1―1で引き分け、通算2勝1分け1敗の勝ち点7とした。前半5分にFW原口元気(25=ヘルタ)の3試合連続ゴールで先制。しかし、後半7分にMFミレ・ジェディナク(32)にPKを決められ同点に追いつかれた。負ければ解任の可能性もあったバヒド・ハリルホジッチ監督(64)は、アウェーで勝ち点1という最低限の結果を手にした。日本代表は11月15日に埼玉スタジアムでサウジアラビアと第5戦を行う。

 歓喜から後悔へ。試合後の原口はぼう然とピッチを見つめ、しばらくベンチから立ち上がることができなかった。ハリルホジッチ監督に声をかけられたが、それでも、表情は晴れない。

 「チームとして非常にいい試合をしていた。責任を感じる。悔やんでも仕方ない。次、頑張ります」。試合後のインタビューでは、しばしの沈黙の後、そう絞りだした。

 試合の入りは最高だった。前半5分。原口はピッチ中央でパスカットして長谷部へつなぐ。長谷部から本田へ縦パスが送られると、本田からのスルーパスに合わせてペナルティーエリアの左へ走り込んだ。GKとの1対1から冷静に左足でシュート。「狙い通り。何百回も監督に言われていた形。自分にしては珍しくかなり落ち着いていた」。ゴール直後はホッとした表情を見せた。

 ドイツでもまれ、ドリブラーのゴールへ向かう意識は高くなった。同僚のコートジボワール代表FWカルーからは「守備はほどほどにして、力を残しておけ」と口酸っぱく言われるという。チャンスとなればペナルティーエリアへと果敢に攻め込んだ。

 守備面ではハリルホジッチ監督から、相手の右サイドバック・マクガウワンのマークに付くよう指示されていた。マクガウワンが高い位置を取ったため、再三、最終ライン付近まで戻って守備もこなした。しかし、後半7分。ペナルティーエリア内で勢い余ってジュリッチを倒してPKを与えた。「一人一人がノーミスで行けていたからこそ、あのミスは悔やまれる。申し訳ない」と肩を落とした。献身的に走って守備に戻ったからこそのミスだったが、責任を一人で背負い込んだ。

 歓喜と後悔。ゴールと失点に絡み2つの感情が交錯する一戦となったが、それでもW杯最終予選では94年米国大会予選の三浦知良(現J2横浜FC)以来、史上2人目となる3戦連続先制弾だ。

 憧れの人に並んだ。浦和時代の09年秋、横浜FCとの練習試合でカズと対面し、試合後に知り合いのカメラマンに頼み込んで記念撮影をしてもらった。その写真は今も宝物として持っている。それから7年。海外で経験を積み、25歳となった原口は日本代表の中心に上り詰めた。「もう一回勝ち点3を取れるように準備したい」。カズ超えまで、そしてW杯まで。気持ちを入れ替え、勢いを加速させていく。

 <W杯予選3試合連続ゴールは9人目> 前半5分にMF原口が先制ゴール。原口はタイ戦、イラク戦に続いて3試合連続の先制点。W杯予選での3試合以上の連続試合ゴールは9人目10回目(三浦知良が2回)。最終予選に限ると94年予選の三浦知良、98年予選の呂比須ワグナーに次いで原口が史上3人目だ。また、W杯予選の3試合連続先制点は94年予選の三浦知良に次いで原口が2人目。 試合結果  日本代表メンバー  W杯アジア最終予選

[ 2016年10月12日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(サッカー)

      ※集計期間:11月22日01時〜02時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      Jリーグ

      日本代表

      W杯予選

      ACL

      海外サッカー

      コラム