サブカテゴリー

五輪

 今季初戦の羽生結弦(22=ANA)が男子ショートプログラム(SP)で、112・72点の世界最高得点をマークし、首位発進した。右膝痛のため難易度の低いジャンプに変更しながらも、完璧な演技で15年12月GPファイナルで自らが出した110・95点を2季ぶりに1・77点更新した。2連覇を狙う来年2月の…

記事全文

広告:

ニュース

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(五輪)

      ※集計期間:09月26日19時〜20時

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      2020年東京五輪

      2018年平昌五輪