PR:

【大野豊氏視点】DeNA京山は高卒2年目とは思えない雰囲気 勝てる要素持っている

セ・リーグ   DeNA6―1中日 ( 2018年4月15日    横浜 )

<D・中>決勝打の宮崎(左)の「5」と先発勝利の京山が「3」で8連勝のポーズ
Photo By スポニチ

 球の切れがいいとかコントロールがいいとかいう以前に、DeNA・京山に感じるのは「雰囲気がある」ということだ。高卒2年目、1軍は今年からという投手とは思えないほど落ち着いている。自分への自信、投げるボールへの自信が感じられ、おどおどしたところがない。

 その上で打者を打ち取る配球ができる。直球は140キロ台中盤、変化球にも制球力がある。先頭打者は塁に出さない。勝てる要素を多く持っている。4回2死一、二塁で高橋から奪った三振。7球目は内角へのチェンジアップを高橋が何とかファウルし、8球目で外角へのチェンジアップを空振りさせた。偶然だったかもしれないが、1つの球種の違う軌道に驚いた。

 許した3安打は全てアルモンテ。直球を2安打されてなお、6回(本塁打)は直球を4球続けた。かわす、逃げるという姿がない。今後の課題は本人も話していたが、投球回を伸ばすこと。悪い出だしからどう立て直すかも見てみたい。今のところその展開がないので。(スポニチ本紙評論家) 試合結果

[ 2018年4月16日 06:32 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:04月21日21時〜22時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム