PR:

立命大のドラフト候補・辰己始動 連盟記録123安打「目指す」

9日に始動した立命大の今秋ドラフト候補・辰己主将
Photo By スポニチ

 立命大が9日、京都市内の柊野総合グラウンドで始動した。

 孤高のバットマンが最終学年で新記録樹立へ挑む。立命大の辰己涼介外野手は3年秋のリーグ戦を終えた時点で通算83安打。関西学生野球連盟の最多安打123(関学大・田口壮)の記録を塗り替える可能性を残す。

 「100安打は春のうちに達成したいです。最終学年の集大成として、春に20、秋に20安打を放ち、123安打を目指します」

 細身だが、スイングスピードが速い左の巧打者だ。2年時から侍ジャパン大学代表に選出。計3度、国際舞台を踏むなど経験も豊富だ。昨年はユニバーシアード優勝に貢献したが、衝撃の一発は16年の日米野球第5戦だ。151キロ直球をフルスイング。バックスクリーンへ放り込んだ。

 今季から立命大で主将を務める。後藤昇監督は「誰を置いても能力が高いのが辰己。挨拶やグラウンド整備などもみんなにきっちりと言えるのがいい」と成長を実感する。イチローを尊敬する天才肌の男がチームを全国制覇へと導く。

[ 2018年1月9日 17:42 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:01月18日14時〜15時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      特集・コラム