PR:

早大・八木 宮台攻略の先制弾「自分のスイングできた」

東京六大学野球第4週第1日   早大9―2東大 ( 2017年9月30日    神宮 )

<早大・東大>2回2死二塁、左中間に2ランホーマーを放つ早大・八木
Photo By スポニチ

 東京六大学野球第4週第1日は1回戦2試合が行われ、勝ち点2同士の対戦となった第1試合は明大の斉藤大将投手(4年)が立大の先発全員から計11三振を奪い、今季2度目の完投で3勝目を挙げた。第2試合は東大・宮台康平投手(4年)を打ち込んだ早大が先勝した。

 早大は連敗を3で止めた。八木が2回に宮台からリーグ戦1号の左中間2ラン。6回にも右翼線適時二塁打で3打点を挙げ「自分のスイングができた」と胸を張った。

不振だった4番の加藤も5回に待望の今季初安打となる左翼線適時二塁打。高橋広監督は「宮台君にベストピッチされたら打てない。選手には“初心に帰ってつなげ”と言っていた」と先勝に安どした。

 ▼東大・宮台(6四球と制球に苦しみ8失点)四球からの自滅なので修正するところ。

[ 2017年10月1日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:10月19日06時〜07時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      特集・コラム