PR:

ライアン小川 右肘疲労骨折 手術か保存療法か状態見ながら決定へ

ヤクルトの小川
Photo By スポニチ

 ヤクルトは21日、小川泰弘投手(27)が右肘を疲労骨折していたことを発表した。16日の広島戦(マツダ)で投球中に張りを訴え、4回降板。翌17日に出場選手登録を抹消され、20日に横浜市内の病院で精密検査を受けた。

 手術か保存療法かについて、川端理広チーフトレーナーは「まだ決まっていません」と話した。当面はノースロー調整で、全治は未定。患部の状態をみながら今後の治療法を決める。今季中の登板はなくなり、来春キャンプに照準を合わせていく。今季はチーム事情から抑えも経験。22試合登板で8勝7敗、防御率2・83だった。投手陣では星も右肘の疲労骨折により、8日に出場選手登録を抹消されたばかりだった。

[ 2017年9月22日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:11月24日00時〜01時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      特集・コラム