PR:

前橋育英がセンバツ初勝利 群馬勢春夏通算100勝目

第89回センバツ高校野球第2日   前橋育英5―1中村 ( 2017年3月20日    甲子園 )

<前橋育英・中村>2回一死二、三塁、田中は左前に先制の2点適時打
Photo By スポニチ

 前橋育英が2度目の出場でセンバツ初勝利を挙げた。群馬県勢の春夏通算甲子園100勝目を導いたのは公式戦初出場初スタメンの田中だ。2回1死二、三塁で先制の2点中前打を放つと、6回1死一塁でも中前打を放って好機を広げ、4打数2安打2打点。「初打席なので思い切って振った。緊張したけど途中から楽しめた」。荒井直樹監督も「コツコツ努力して力をつけてきた子。活躍して本当にうれしい」と目を細めた。

 昨秋の公式戦出場はなし。ベンチ入りも県大会1試合のみだったが、昨秋のエース右腕・吉沢が大会直前に負傷離脱し、中堅手の左腕・丸山が背番号1を背負うことになったためチャンスが巡ってきた。背番号14は「次もスタメンで出られたら全力で頑張りたい」と力を込めた。 日程  試合結果

[ 2017年3月21日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      特集・コラム

      スペシャルコンテンツ