PR:

多治見力の差見せつけられた 佐藤昂主将「もう一回帰ってきたい」

第89回センバツ高校野球第2日   多治見0―21報徳学園 ( 2017年3月20日    甲子園 )

<多治見・報徳学園>アルプスの応援団にあいさつする多治見ナイン
Photo By スポニチ

 大差の状況でも、多治見ナインは最後まであきらめなかった。9回2死、なんとか出塁したいという思いが、三ゴロを放った加藤の体を突き動かす。「ヘッドスライディングはあまり好きじゃないけど、体が勝手に動いた」。惜しくもアウトになり、砂煙の舞う中で試合終了の声を聞いた。「全国レベルのピッチャーから1本打てて自信になった」。4回に放ったチーム2安打目となる左前打の手応えを口にし、土にまみれたユニホームの胸を張った。

 先発したエース河地が3回途中10失点で降板。昨秋の岐阜大会でチームを初優勝に導いた右腕を助けようと打線は奮起した。初安打は2回2死。森がカウント2―2からファウルで4球粘り、9球目の変化球を右前へ運んだ。「がむしゃらだった。1本出たことは誇りです」。昨秋の公式戦出場は代打の3試合のみで無安打。スタメンに抜てきされた背番号13が、紫色に染まる超満員のアルプスを大きく沸かせた。

 4回には四球と加藤の安打で無死一、二塁の好機をつくるも、佐藤昂の左飛で飛び出した二走の熊崎が帰塁できず。7回は1死一塁から小西が三ゴロ併殺。最後までホームが遠かった。

 3回途中で救援した柘植は4回からの2イニングを無失点。一度は右翼に回ったが、9回途中から再登板して最後まで投げきった。昨秋は公式戦出場がない右腕は「強気に攻めることができた。球速を上げて河地さんを支えられるようになりたい」と成長を誓った。

 投打に力の差を見せつけられた敗戦。4番の佐藤昂主将は「この経験を次に生かさないと意味がない。もう一回帰ってきたい」と言い、高木裕一監督は「もっとやれるんじゃないかな、という部分を再確認した」と話す。聖地で得た経験は何よりの財産。次こそは初勝利を目指して努力を重ねていく。 日程  試合結果

[ 2017年3月21日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:12月11日19時〜20時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      特集・コラム