DAZN Japan 「プライド月間」に合わせSNSロゴをレインボーカラーに変更

[ 2024年6月10日 17:00 ]

DAZN 「プライド月間」に合わせた取り組みを行うと発表
Photo By 提供写真

 スポーツ・チャンネル「DAZN(ダゾーン)」は、毎年6月に世界各地でLGBTQ+の権利について啓発を促すイベントが行われる「プライド月間」に合わせた取り組みを行うと発表した。

 同チャンネルは、「DEI」(Diversity(多様性)、Equity(公平性)、Inclusion (包括))にグループとして取り組んでおり、スポーツ界でもすべての人が真の姿で活躍できる環境づくりのために様々な活動を展開。性別や性自認、性的指向に関わらず、すべての人が真の姿で活躍できるスポーツ界を作り上げることを目指している。

 現在日本スポーツ界のLGBTQ+の現実は、まだ多くのチャレンジがあると同チャンネルは考えている。東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会において、200人以上のLGBTQ+のアスリートが出場した中に、日本人選手は含まれていなかった。また、多くの調査によるとスポーツにおいて自らの性的指向や性自認を公表した選手の約半数が差別や嫌がらせに直面しているとの結果が報告されている。これは、スポーツ界におけるDEIの改善のため、まだやるべきことが数多くあることを示している。

 DAZN Japanでは、「DEI」への取り組みを展開する中で、LGBTQ+コミュニティへのサポートも積極的に行っている。22年6月のプライド月間では1カ月間、DAZNのSNSアカウントのロゴをレインボーカラーにしてメッセージを発信。今年も6月のプライド月間に合わせて、DAZN Japanは再びSNSロゴをレインボーカラーに変更し、LGBTQ+コミュニティへの支持を表明するという。

 また、人気サッカー番組「やべっちスタジアム」や「DAZN TIMES」などを通じて、LGBTQ+の方々をフィーチャーした多様なコンテンツを配信予定。さらに、LGBTQ+当事者を含めた誰もが安全に安心して過ごすことができる居場所づくりの運営や性の多様性に関するイベントやコンテンツの提供を行う「プライドハウス東京」とのパートナーシップにより様々な活動をサポートしていくと明かした。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2024年6月10日のニュース