バレー男子代表、中垣内監督 来月8日チーム合流「結果出す」

[ 2017年5月25日 05:30 ]

記者会見で頭を下げるバレーボール男子日本代表の中垣内監督
Photo By 共同

 日本バレーボール協会は昨年11月に人身事故を起こし、対外的活動を控えていた男子日本代表の中垣内祐一監督(49)が6月8日から代表チームに合流すると発表した。

 都内で会見した同監督は、「多くの方に迷惑を掛けた。少しでも恩義に報いるためには結果を出していくしかない」と話した。同監督は6月9〜11日(群馬・高崎)のワールドリーグ第2週から指揮を執る。監督代行のブラン氏はコーチとなる。

 同監督は昨年11月、広島県内で乗用車を運転中に男性をはねて重傷を負わせたとして書類送検されていた。22日付で大阪簡裁から罰金70万円の略式命令を受け、納付。日本協会からは12月にけん責処分を受けた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2017年5月25日のニュース