顔面にしっぽ? 米ミズーリ州で珍しい犬を保護

[ 2019年11月14日 15:34 ]

 米ミズーリ州セントルイス郊外にあるジャクソンで珍しい特徴を持つ犬が保護された。

 話題になっているのは生後10週間で「ナーワル(Narwhal)」と名付けられた子犬。AP通信によれば「ナーワル」には顔面にしっぽのようなものが垂れ下がっており、その写真がソーシャルネットワークで紹介されると、たちまち人気を呼んで引き取り手が殺到する事態となった。

 保護施設のロシェル・ステフェンさんによれば「ナーワル」は第二のしっぽの存在に気が付いておらず、それを振ったりはしないとのこと。なお成長するにつれて、このしっぽがさらに長くなっていくかどうかはまだ判明していない。

続きを表示

「紅白歌合戦」特集記事

「ジャニーズ」特集記事

2019年11月14日のニュース