マンホールの穴でリスが立ち往生 独ドルトムントで消防士と獣医が救助

[ 2019年6月24日 12:44 ]

ドルトムント市内のマンホールの穴にはさまったリス(AP)
Photo By スポニチ

 ドイツ・ドルトムント市内の路上にあったマンホールの小さな穴に、リスが頭だけはさまった状態で発見され、消防士が出動する事態となった。

 AP通信によれば、消防士たちはあの手この手で“脱出”させようとしたがうまくいかず、結局マンホールごと外してそのまま動物病院に搬送。結局、獣医が麻酔をしてリスを落ち着かせ、なんとか穴から引き抜いて無事に救出した。なおリスは体力が回復次第、野生に戻されると報じられている。

続きを表示

「騒動特集」特集記事

「ジャニー喜多川」特集記事

2019年6月24日のニュース