【京王閣F1ナイター 初日】久々に予選クリアの志村太賀「あと2年以上はS級に」そのワケは?

[ 2024年6月22日 19:15 ]

予選をクリアして安どした志村太賀
Photo By スポニチ

 京王閣F1ナイターが22日に開幕した。S級8Rで志村太賀(41=山梨・90期)が2着に入り6場所ぶりに初日予選をクリア。安どの表情を浮かべていた。

 展開一つで結果が左右される追い込みタイプ。ツキにも見放されていた志村にようやく浮上のきっかけが見えてきた。小川丈太の捲りに屈したものの、目標にした中村隆生をかばいながら追い込む内容に「(再発走で)S取り2回はしんどかったけど、ここ最近にしては上出来でしょう」と自らに及第点を与えた。「やっとバイオリズムが良くなってきた。競輪選手には絶対リズムがあるはず。1着を獲りだすと続けて獲れるようになりますしね」と、リズムの好転を感じ取り白い歯を見せた。

 今月17日で41歳を迎えた志村。「毎年、脚が落ちていく。歯止めがきかない」とぼやくが「あと2年以上はS級にいたい」と熱っぽく語り出した。その理由は「あと2年でS級在籍連続20年になる。小さなことだけど頑張りたいんです」。年齢と共に脚力は低下していくが、今が踏ん張りどころだ。

 鋭い差し脚はまだまだ健在。昨年9月青森F1以来の決勝進出を目指し闘志を高めていた。

続きを表示

「函館記念」特集記事

「函館2歳S」特集記事

2024年6月22日のニュース