【住之江ボート G3・2024モーターボートレディスC】19日開幕 長嶋万記が連覇を目指す

[ 2024年6月18日 10:00 ]

2024モーターボートレディスカップで主役を務める長嶋万記
Photo By スポニチ

 ボートレース住之江のオールレディース「G3・2024モーターボートレディスカップ」は19日から24日の6日間で争われる。

 ◎は当大会の前年度覇者でもある長嶋万記だ。

 昨年は三国G2レディースチャレンジカップを制し、SGグランプリシリーズ、PG1クイーンズクライマックスに出場。今年も女子戦でコンスタントに優出しながらSG2節で腕を磨いてきた。

 前期はA1ボーダーにわずかに届かず7月からA2落ちとなるが、3Vを誇る当地で今年初Vを決め、地力の違いを見せつけたい。

 初日ドリーム1号艇が長嶋なら2日目ドリームの1号艇は落合直子だ。前期、惜しくもA1に届かなかった悔しい境遇も似ている。地元エースとしてV争いに絡んでいく。

 実績No.1は20年のクイーンズクライマックス覇者・平高奈菜。連続A2級は屈辱だが、それをバネにできるだけの力は備えている。

 鎌倉涼は22年のオールレディースで念願の地元初Vを飾ると、翌年もヴィーナスシリーズで優勝。今節は3年連続地元戦Vに挑戦する。

 新勝率No.1は初のA1級を決めた関野文だ。父・倉谷和信譲りの才能が開花した。

 住之江巧者の清埜翔子、歴代女王の今井美亜&滝川真由子、出走回数不足でA2ながら新勝率6・64をマークした中川りな、さばき安定の中谷朋子もV圏内。

 ダブルドリームには攻め鋭い平田さやか、野田部宏子に地元の原田佑実も選ばれている。他では佐々木裕美、犬童千秋、前田紗希に注目だ。

続きを表示

「中京記念」特集記事

「藤田菜七子」特集記事

2024年6月18日のニュース