×

【ヴィクトリアM】母子制覇を狙ったディヴィーナは11着 武豊「いずれ重賞を勝てる馬」

[ 2022年5月15日 17:13 ]

G1・ヴィクトリアマイル ( 2022年5月15日    東京競馬場 芝1600メートル )

<ヴィクトリアマイル>レースを制したソダシ(右から4頭目)、その左がディヴィーナ=撮影・郡司 修
Photo By スポニチ

 母ヴィルシーナに続く母子制覇を狙ったディヴィーナは11着に終わった。

 序盤は先団だったが、向こう正面で狭くなって中団に後退。直線では一瞬伸びかけたものの、残り200メートルを過ぎると息切れした。

 初騎乗の武豊は「いいスタートが切れて、いい位置を取れたが、向こう正面で押し込まれて下げたのが痛かった」と悔しそうに回顧。その上で「いずれ重賞を勝てる馬だと思います」と将来性を評価していた。

続きを表示

「CBC賞」特集記事

「ラジオNIKKEI賞」特集記事

2022年5月15日のニュース