×

【クイーンC】戦い終えて

[ 2022年2月13日 05:30 ]

 ▼4着ラリュエル(坂井)イレ込みは許容範囲。いいリズムで運べたが、直線で少しさばくのに手間取った。

 ▼5着モズゴールドバレル(M・デムーロ)頑張ってくれた。直線も脚を使ったが、坂のあたりで甘くなった。今後もっと良くなる馬。

 ▼6着ウインエクレール(松岡)少しイレ込んでしまった。ゲートで立ち遅れて、最後の伸びにつながらなかった。テンションが課題。

 ▼7着ロムネヤ(ルメール)パワーが足りなかった。精いっぱい最後まで走ってくれた。

 ▼8着モカフラワー(石川)まともに勝負にいったが最後は脚があがってしまった。距離はもう少しあっても大丈夫。

 ▼9着アオイモエ(石橋)馬体重は変わらないが中身は良くなっていた。外から来られた時に力んだが、その後は落ち着いて走れていた。

 ▼10着ハピネスアゲン(江田照)口向きが悪い感じではなくて力んで走っている。敏感な馬でまだ力が付ききっていない。

 ▼11着ショショローザ(岩田望)3角と直線で不利があった。スムーズなら面白い結果になっていたかもしれない。

 ▼12着スタティスティクス(池添)外枠でスタートはそれなりに出た。道中の運びは悪くなかったが、余力がなくて勝ち馬にかわされてしまった。

 ▼13着スマイルアップ(野中)マイペースで自分の形で走れたが、マイルは長い印象。1400メートルがベスト。

 ▼14着コントディヴェール(大野)外々を回る形になってしまった。もう少し内に入れていれば違っていたかも。

 ▼15着アメリカンスター(田辺)ゲートでイライラして左に逃げるような感じだった。左回りに戸惑っていて外に張っていた。走り自体はいいものを感じる。

 ▼16着ショウナンアメリア(菅原明)内でじっとしてロスなく運べたが…。

続きを表示

「CBC賞」特集記事

「ラジオNIKKEI賞」特集記事

2022年2月13日のニュース