×

【ジャパンC】ミスターX オーソリティ本命!この舞台ならG1メンバーでも好勝負

[ 2021年11月28日 05:30 ]

ミスターX
Photo By スポニチ

 日曜東京12Rは「第41回ジャパンC」。コントレイル、シャフリヤールの2強対決に待った!◎オーソリティがG1初制覇を決める。前走・アルゼンチン共和国杯はトップハンデを背負いながら、道中3番手から早め先頭で押し切り勝ち。昨年に続く連覇を達成した。休み明けであの勝ちっぷり。ポテンシャルの高さを改めて感じた。今週は美浦Wコースでラスト1F11秒6(馬なり)と抜群の伸び。6カ月ぶりだった前走を使われた上積みは大きい。東京は3勝、2着1回とパーフェクト連対。この舞台ならG1メンバーでも好勝負になる。

 これがラストランとなる3冠馬コントレイルが対抗。秋初戦の天皇賞・秋は3歳エフフォーリアに敗れたものの、中団から上がり3F33秒0と出走メンバー最速の脚で2着に入った。キャリア10戦で一度も馬券圏外がなく、大崩れは考えづらい。今年のダービー馬シャフリヤールは前走・神戸新聞杯4着で不良馬場に泣いた。度外視できる一戦。良馬場でこそ良さが出る。馬連(7)から(2)(4)の2点勝負。ジャパンCは東京11Rではなく、東京12Rです。マークシートの塗り間違えにはご注意を。

続きを表示

「小倉記念」特集記事

「関屋記念」特集記事

2021年11月28日のニュース