【秋華賞】傾向と対策

[ 2021年10月16日 05:30 ]

 過去10年の結果から傾向を探る(全て京都芝2000メートルで施行)。

 ☆前走 ローズS組が【3・5・7・56】と最も馬券に絡むが、近3年はオークスからの直行組がV。重賞昇格後は紫苑S組【3・3・0・20】も頑張っている。条件戦からの上がり馬は苦戦。

 ☆血統 ディープインパクト産駒が唯一の2勝以上で【4・5・2・32】と圧倒的。ノーザンファーム生産馬【7・2・1・43】が中心となってくる。

 ☆馬体重 500キロ以上の大型馬は【0・1・0・11】と走らないが、480~499キロが5勝と馬格はある程度あった方がいい。繊細な牝馬だけに当日の馬体重は増加していた方が好走率は高い。

 結論 ◎アカイトリノムスメ ○ファインルージュ ▲ユーバーレーベン

続きを表示

「2021 チャンピオンズC」特集記事

「スポニチ賞 ステイヤーズS」特集記事

2021年10月16日のニュース