【府中牝馬S】ミスターX 良血ドナアトラエンテ、コース替わりで期待

[ 2021年10月16日 05:30 ]

ミスターX
Photo By スポニチ

 土曜東京メインは牝馬限定重賞G2「第69回府中牝馬S」。昨年は7番人気サラキアが制し、3連単18万9020円と高配当が飛び出した。今年も大混戦。本命はG1・7勝ジェンティルドンナが全姉にいる良血ドナアトラエンテだ。2番手を追走した前走・クイーンS11着は小回りに対応できなかった印象。やはり伸び伸びと走れるワンターンがピッタリだろう。東京芝1800メートルは【2・2・1・0】と好成績。コース替わりで前走以上のパフォーマンスが期待できる。鞍上ルメールは当レース、出走機会4戦続けて連対中。買い材料はそろった。

 昨年2着シャドウディーヴァが対抗。東京は【1・5・2・3】で連対率54・5%。2番人気に支持された前走・関屋記念は7着と馬券圏外だがコース替わりで狙ってみたい。マルターズディオサの前走・京成杯AH8着は出遅れが敗因。先行勢手薄のメンバー構成とあって、五分のスタートなら残り目も。3連単1着固定(15)から(2)(7)(10)(11)(13)(14)(17)の42点勝負。

続きを表示

「2021 チャンピオンズC」特集記事

「スポニチ賞 ステイヤーズS」特集記事

2021年10月16日のニュース