【府中牝馬S】傾向と対策

[ 2021年10月16日 05:30 ]

 過去10年の結果から傾向を探る。

 ☆人気 1番人気【1・3・2・4】、2番人気【0・2・3・5】、3番人気【1・0・1・8】と信頼度は低い。昨年はグレード制導入以降初めて人気下位3頭が上位3着までを独占した。

 ☆枠順 スローの上がり勝負になりやすく、包まれやすい1~3枠は未勝利。4枠【4・1・0・13】、7枠【4・0・0・15】が強い。8枠も【2・3・4・12】と悪くない。

 ☆脚質 前走の上がり3Fがメンバー1位だった馬が【4・2・1・11】と好結果。スロー戦や、長い直線の府中、新潟での好走実績があればプラス。

 結論 ◎マルターズディオサ ○アカイイト ▲シャドウディーヴァ

続きを表示

「2021 チャンピオンズC」特集記事

「スポニチ賞 ステイヤーズS」特集記事

2021年10月16日のニュース