【船橋・日本テレビ盃】じゃい特別予想 人気に逆らいサルサディオーネで勝負!トリプル馬単予想も公開

[ 2021年9月29日 07:00 ]

インスタントジョンソン・じゃい
Photo By スポニチ

 日本テレビ盃を予想してみます。おそらくダントツ1番人気になるクリソベリル。相手も楽で、頭二つは抜けているメンバー構成。落とせないところだが、長期休養明けで仕上がりもイマイチ。逆らってみたい。

 本命は(10)サルサディオーネ。ここは得意舞台。前走もそこそこ骨のあるメンバー相手に堂々の逃げ切り。今回のメンバーなら単騎逃げに持ち込めるだろうし、残り目はある。

 対抗は(9)メイショウダジン。3勝クラスを勝ったばかりだが、上位のメンバーに不安があるだけに、ここでもいい勝負ができる可能性はある。地方の砂との相性と船橋競馬場のコースが合うかどうかが鍵になるだろう。

 3番手に帝王賞で穴を開け、アッと言わせた(8)ノンコノユメ。大井競馬場の方が合っているだろうが、相手は帝王賞より楽で11頭立てなら、さばけてもおかしくはない。他では五分の力でも来そうな(2)クリソベリル。さすがに馬券圏内は外さなそう。外れてほしいのだが。(1)ダノンファラオもムラがあるが、2走前は船橋で勝っていて相性は良いし、このメンバーで経済コースを走れれば勝ちまで見込める。後は(11)ラストマン。前走はもう一つの内容だったが、出来に関していえば1番じゃないかな。仕上がりの良さに期待したい。この6頭で良さそうだ。馬券は3連単マルチで(9)―(10)―(1)(2)(8)(11)を各1000円の2万4000円勝負!

 今回は初のトリプル馬単予想も。僕は数年前から「今1番おいしい馬券はトリプル馬単だ」と言い続けてきた。売り上げも当時の3倍、4倍まで跳ね上がり、さらにおいしくなっている。皆さんも是非試してみてはいかがだろうか?

 船橋10Rは前走休み明けで完勝だった(6)マッドルーレットと連闘で勝ちにきている(8)ロッソビアンコを軸に、(2)トーセンジーザス、(5)バルーンドロップ、(7)ナリノバロン、(9)メイショウポルポに流す(6)(8)―(2)(5)(6)(7)(8)(9)(10点。余裕がある方は裏表も)。

 11Rの日本テレビ盃。クリソベリルに人気は集中するだろうが、外れれば総取りも見込める(10)―(1)(2)(8)(9)(11)マルチ(10点)。

 12RはB2だが面白いメンバー。(2)ヨウチャンサアを軸に(2)―(5)(8)(10)マルチ(6点)で計3万円勝負。よろしくちゃーん!

 トリプル馬単とは…SPAT4だけの賭式で指定された3つのレースの1、2着をすべて的中させる馬券のこと。50円から10円単位で購入可能で、最高3億円(50円購入時)のチャンスがある。

続きを表示

「2021 菊花賞」特集記事

「富士S」特集記事

2021年9月29日のニュース