【紫苑S】AI予想 充実著しいトウシンモンブラン突出

[ 2021年9月11日 05:30 ]

◇SIVA・紫苑S◇
Photo By スポニチ

 秋華賞トライアルの中山11R・紫苑Sは、1頭だけ突出した高指数(86)を獲得した(2)トウシンモンブランが◎に指名された。初勝利までに10戦を要したが、3走前に勝ち上がると1勝クラスは2→1着と2戦で卒業。ここへ来ての充実ぶりをSIVAは高く評価した形だ。以下、○(10)エイシンチラー(指数75)、▲(18)プレミアエンブレム(同68)、☆(4)エクランドール(同65)と上位は全て「前走1着馬」。実績よりも勢いが重視されている。推奨買い目は◎から○▲☆と△3頭に流す6点に、タテ目を○▲のみ押さえる計7点。

 ◆SIVA(シヴァ) スポニチがGAUSS(ガウス)社と共同開発した競馬予測AI。PCウェブ版とスマホアプリ版があり、毎週末に新馬・障害を除く全レース予想を公開中。過去のレースデータから算出する指数(100点満点)を基に予想する。

続きを表示

「2021 スプリンターズS」特集記事

「凱旋門賞」特集記事

2021年9月11日のニュース