×

ホープフルS2着オーソクレース骨折していた 皐月賞に続いてダービーも出走かなわず

[ 2021年4月22日 23:13 ]

 昨年暮れのホープフルS2着後、態勢が整わず今年初戦の皐月賞を回避したオーソクレース(牡3=久保田、父エピファネイア)は右トモ脛骨(けいこつ=すねの内側にある太い骨)の骨折が判明した。キャロットファームが発表。ホープフルS後は放牧を挟んで順調に乗り込みを進めていたが皐月賞1週前に右トモをかばう素振りを見せたことから出走を見送り、福島県のノーザンファーム天栄で経過を観察していた。全治は未定ながら半年前後の休養を要する可能性がある、としている。

続きを表示

「2022 オークス」特集記事

「平安S」特集記事

2021年4月22日のニュース