サウジC覇者ミシュリフ次走ドバイSCへ…日本からクロノジェネシス、ラヴズオンリーユーが参戦

[ 2021年3月3日 20:55 ]

 昨年の仏ダービー馬で2月20日のサウジカップ(ダート1800メートル)を制した英国馬ミシュリフ(牡4=J・ゴスデン、父メイクビリーヴ)の次走がドバイシーマクラシック(3月27日、メイダン芝2410メートル)に決まった。レーシングポスト、ホースレーシングプラネットなど英国メディアが報じた。芝ダート不問の起用で中東遠征2連勝を狙っていく。

 今年のドバイシーマクラシックは日本から昨年の宝塚記念と有馬記念で春秋グランプリ制覇を成し遂げたクロノジェネシス(牝5=斉藤崇、父バゴ)、今年初戦の京都記念を制したラヴズオンリーユー(牝5=矢作、父ディープインパクト)が参戦する。

続きを表示

「2021 皐月賞」特集記事

「中山グランドJ」特集記事

2021年3月3日のニュース