オートレース表彰 青山周が2年連続MVP、森且行は初の優秀選手賞

[ 2021年1月23日 05:30 ]

<川口オート12R>スーパースター王座決定戦を連覇し、ガッツポーズで祝福に応える青山(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 JKAは22日、20年のオートレース表彰選手を発表。SGスーパースター王座決定戦を制した青山周平(36=伊勢崎)が2年連続で最優秀選手賞を受賞した。2年連続でスーパースター王座決定戦に出場し、ファイナルに進出した佐藤摩弥(28=川口)は昨年に続き、平尾昌晃賞を受賞。11月の日本選手権でSG初制覇を達成した森且行(46=川口)は優秀選手賞に初選出された。

 なお緊急事態宣言が発令されている状況を考慮し、2月15日に実施予定だった表彰式は中止となった。

続きを表示

「弥生賞ディープインパクト記念」特集記事

「チューリップ賞」特集記事

2021年1月23日のニュース