【ステイヤーズS】スタミナ型のボスジラ本格化 国枝師「ここでも楽しみ」

[ 2020年12月1日 05:30 ]

 中山開幕日のメインは名物マラソンレース「第54回スポニチ賞ステイヤーズS」。平地最長3600メートルの舞台に今年もスタミナ自慢がそろった。ボスジラは今夏の札幌で2600メートルの札幌日経オープン2着→丹頂S1着と大活躍。4歳秋を迎え、本格化ムードだ。

 国枝師は「中間はアルゼンチン共和国杯も視野に入れていたが、体調が整わなかったのでここまで延ばした。1週前追いは坂路で余力十分にいい動きだった」と状態面はお墨付き。全5勝中4勝を2400メートル以上で挙げているスタミナ型。「長い距離は合っている馬。ここでも楽しみ」。ジャパンCで有終Vを飾った1歳先輩のアーモンドアイに続き、こちらは重賞初Vを見据えている。

続きを表示

「森且行」特集記事

「根岸S」特集記事

2020年12月1日のニュース