【レパードS】ラインベック 友道師にJRA砂重賞初V届けるぞ!中間調整バッチリ「元気いっぱい」

[ 2020年8月4日 05:30 ]

<レパードS>中間の調教を順調に消化しているラインベック
Photo By スポニチ

 今週の新潟メインはダートの名馬への登竜門、3歳馬による「レパードS」。日本が誇る良血馬ラインベックが重賞初制覇を目指す。

 父ディープインパクト、母アパパネとも3冠馬。そんな芝のトップホースから生まれたラインベックがダートで頂点を目指そうというから競馬は面白い。春は皐月賞(15着)にも出走しながらG1が終わったところでダート転向を決定。砂初挑戦の西脇特別を悠々と逃げ切った。松館助手は“プチ復活”に安どの笑みを浮かべた。「前走に関してはポテンシャルの違いもあったのでは。ただ、芝では切れ味を欠くところがあったし、そういう意味でダートは合ったのだろう」

 打つべきタイミングで次の手を打てるのが友道厩舎のいいところ。クイーンSでワンツー(レッドアネモス、ビーチサンバ)を決めており、厩舎の勢いもある。

 中間も順調だ。1週前はCWコースで6F81秒5~1F12秒2。攻め駆けするサヴォワールエメ(4歳3勝クラス)を相手に馬なりで1馬身先着。「(初めて)乗ったミルコ(M・デムーロ)が、いいね!と言っていたように元気いっぱい。前走を使った上積みもある。できれば前々で運びたい」(同助手)

 意外にも友道厩舎はJRAダート重賞を勝っていない。新天地を切り開いた血統馬が“初勝利”を届けるのも、いいシナリオだ。

続きを表示

「2020 スプリンターズS」特集記事

「オールカマー」特集記事

2020年8月4日のニュース