【京成杯】キズナ産駒リメンバーメモリー まだまだ成長途上「体つきも少し寂しい」

[ 2020年1月15日 05:30 ]

<京成杯>キズナ産駒のリメンバーメモリー
Photo By スポニチ

 父キズナと同じく佐々木厩舎―田重田厩務員が手掛けるリメンバーメモリーが、重賞に初挑戦する。昇級戦だった前走のエリカ賞は中団ままの5着。田重田厩務員は「まだ大人の体になっていない分、切れが物足りない」と成長途上を示唆。この中間にリフレッシュ放牧を挟んだが、「体つきも少し寂しく映るから」と終始控えめだった。 京成杯

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2020年1月15日のニュース