【日経新春杯】アフリカン 昨年大敗の雪辱を「もっといい走りができるはず」

[ 2020年1月15日 05:30 ]

 今週の京都メインはハンデ重賞の「第67回日経新春杯」(19日)。アルゼンチン共和国杯で3着惜敗のアフリカンゴールドが重賞初制覇を狙う。平田助手は「少しイレ込んでいた分、序盤で力んだけど、それでも見せ場はつくってくれました」と前向きに振り返る。昨年のこのレースは15着だったが、去勢効果が著しく、当時とは別馬。「先週もいい動きだった。前走と変わらない感じで出せそう。レースでの集中力がアップすれば、もっといい走りができるはず」と手応えを示した。

続きを表示

「AJCC」特集記事

「東海S」特集記事

2020年1月15日のニュース