【札幌記念】福永 父ディープ母父キンカメに誓うワグで「1つでもタイトルを」

[ 2019年8月15日 05:30 ]

福永祐一
Photo By スポニチ

 「インタビュールーム ウマい話あり」は札幌記念でワグネリアンに騎乗する福永祐一騎手を直撃した。

 ――札幌芝コースでのワグネリアンの最終追いに騎乗して5F69秒1~1F11秒7。調教の意図は?

 「ある程度、栗東で負荷をかけているので1Fだけ(脚を)伸ばしてくれとの指示。半マイルからピッチを上げた。ハミに頼って力みながら走るところがあったが(今回は)リラックスして走っていた。単走ということもあったのかもしれない」

 ――陣営は馬に落ち着きが出るような調教を重ねてきたと言っていた。

 「ずっとリラックスしているが、“し過ぎて”もいない。そこが凄くいい。以前はパドックでイレ込むこともあったが大丈夫でしょう。今回はスクーリングもしているしね」

 ――3着だった大阪杯(3月31日)以来のレースとなる。成長したと感じる部分は?

 「緩い馬ではなくて最初から走れていたので、そこはよく分からない。ただ、間隔が空いているという感じはしない。馬ができている」

 ――父ディープインパクト、母の父キングカメハメハが立て続けに世を去った。良血を継ぐワグネリアンに懸かる期待は大きい。

 「元々、(ディープに似て)弾力があっていい筋肉だけど、骨格はキンカメ。年齢を重ねて、だんだんとキンカメっぽくなっている気もする。ゆくゆくはそういう道(種牡馬)に進んでほしいが、今は少しでも競走馬として実績を積み重ねる時期。1つでもタイトルを獲得したい」

 ――週末は雨の予報も。

 「洋芝は大丈夫だろうけど、あまりひどい馬場にはならない方がいい。年に少ししかない開催だし、せっかくならいい馬場でやりたいですね」

続きを表示

「ディープインパクト」特集記事

「2019 スプリンターズS」特集記事

2019年8月15日のニュース