ダービー鞍上の浜中 ロジャーバローズ引退は「残念」も「いい子孫を残して」

[ 2019年8月6日 16:48 ]

ダービーを制したロジャーバローズと、ガッツポーズする浜中
Photo By スポニチ

 右前浅屈腱炎で電撃引退が決まった今年のダービー馬ロジャーバローズ(牡3=角居)について、ダービージョッキーに輝いた鞍上の浜中俊騎手(30)がコメントを寄せた。

 
 「自分をダービージョッキーにしてくれた馬。早い時期の引退は残念ですが、命を落とすようなケガではなく幸いでした。無事に繁殖に上がれるのは良かったと思います。ディープインパクトも亡くなり、後継種牡馬としていい子孫を残してもらいたい。また、その子供でダービーに挑めたらいいなと思います」

続きを表示

「ディープインパクト」特集記事

「札幌記念」特集記事

2019年8月6日のニュース