【中日新聞杯】傾向と対策

[ 2017年12月9日 05:30 ]

 中京で開催された過去5年の結果から傾向を探る(昨年まで3月開催)。

 ☆人気 1番人気は【1・1・1・2】で連対率40%。5番人気が2勝と最多勝を誇る。

 ☆年齢 4歳は【0・1・2・17】。5歳が【2・0・1・14】、6歳が【2・1・2・17】、7歳が【1・3・0・26】。12年は7歳馬がワンツーで年長馬の活躍が目立つ。

 ☆ハンデ トップハンデは【1・0・0・7】。勝ったのは昨年のサトノノブレス1頭のみ。

 結論 ◎スズカデヴィアス 〇ショウナンバッハ ▲マキシマムドパリ

続きを表示

「日経新春杯」特集記事

「京成杯」特集記事

2017年12月9日のニュース