【関屋記念】レオアクティブ 軽い芝で巻き返す、末脚爆発に期待

[ 2014年8月13日 05:30 ]

 昨年の関屋記念3着馬レオアクティブは賞金上位馬の回避で出走OKとなった。杉浦師は「最近は運もないね。2走前の谷川岳S(7着)はあまりにスローで前が止まらず、パラダイスS(7着)は馬場(やや重)が悪かった。軽い新潟の芝は本来合うはず」と巻き返しに意欲。昨年は今を時めくジャスタウェイ(2着)と鼻差の接戦。末脚爆発のシーンは十分だ。

続きを表示

「平成最後のグランプリ 有馬記念」特集記事

「2歳マイル決定戦 朝日杯FS」特集記事

2014年8月13日のニュース