トウカイトリック引退 天皇賞・春に8年連続で出走

[ 2014年2月7日 14:31 ]

スポニチ賞ステイヤーズSを制したトウカイトリック

 天皇賞・春に8年連続で出走するなど長距離路線で息長く活躍したトウカイトリック(牡12=野中)が8日付で登録を抹消することがJRAより発表された。

 通算成績63戦9勝。重賞は12年スポニチ賞ステイヤーズSなど3勝。野中師は「先週速いところをやった後、いつもより重い筋肉痛が出た。オーナーと相談してこの辺が潮時かなと思いました」とコメント。今後は京都競馬場で誘導馬となる予定で「天皇賞の誘導馬をしてほしいね」とエールを送った。

続きを表示

「砂の王者決定戦 フェブラリーS」特集記事

「小倉大賞典(G3)」特集記事

2014年2月7日のニュース