×

【宝塚記念】ダノンバラード 3強崩し2着、川田「健闘です」

[ 2013年6月24日 06:00 ]

 “3強”の一角を崩したのは5番人気のダノンバラードだった。道中は大逃げを打つシルポートから離れた2番手。勝ち馬ゴールドシップには3馬身半差をつけられたが、すぐ後ろの“2強”には最後まで抵抗、2着に粘り込んだ。川田は「健闘です」と満足げな表情を浮かべつつ、パートナーの力走を称えた。

 「非常にスムーズに競馬ができたし、先頭はかなり離れていたので自分が先頭のつもりで。長くいい脚を使えるから早めに動いていきました。よく頑張ってくれましたよ」

 池江師も「川田君が完璧に乗ってくれました。こういう馬場もよかったですね」と笑顔。池江厩舎は看板馬オルフェーヴルが肺出血で回避するアクシデントがありながら、同世代の僚馬が存在感を示した。

 今後について同馬はレース中に鼻出血を発症したため1カ月の出走制限となったこともあり「夏は休むつもり」とのことだが、「3強のうち2強を負かしてくれたので」と大一番での好走を高く評価し、将来的な凱旋門賞挑戦プランが浮上。「(凱旋門賞は)今年登録していないし追加料の問題があるからね。オーナーには提案してみるけど現実的には来年以降かな。でもこの走りなら胸を張っていけるよ」と前向きだ。夢が広がる銀メダルに指揮官は大きな手応えをにじませていた。

続きを表示

「2022 日本ダービー」特集記事

「目黒記念」特集記事

2013年6月24日のニュース