×

【宝塚記念】最強はゴールドシップ!内田「これでリベンジできた」

[ 2013年6月24日 06:00 ]

2着ダノンバラード(左)3着ジェンティルドンナ(右)を置き去りにしGP連覇を決めたゴールドシップ(中央)の鞍上・内田は小さくガッツポーズ

 終わってみれば1強だ!!春のG1を締めくくるグランプリ「第54回宝塚記念」が23日、阪神競馬場で行われた。“3強対決”で注目を集めた1戦は前年比115%となる7万人もの観衆を記録。その中で2番人気ゴールドシップが2着に3馬身半差をつける圧勝劇、4個目のG1勝利をもぎ取った。1番人気ジェンティルドンナ、関東の雄フェノーメノはともに直線伸びず3、4着に敗れた。また、5番人気ダノンバラードが大健闘の2着に粘り込んだ。

【レース結果】

 ゴールドシップが同世代のライバルも年長世代の実績馬も、みんなまとめてねじ伏せた。ラスト1Fで先頭に立つと、そこから先は完全に独り舞台。前々で食い下がるダノンバラードに3馬身半差をつけ芦毛の馬体が悠々とゴールを駆け抜けた。内田が興奮気味に振り返る。

 「強いゴールドシップが帰ってきたね。うれしい。ホッとした。天皇賞では迷惑をかけたけど、これでリベンジできた」

 断然1番人気に支持された天皇賞・春はまさかの5着。このまま引き下がるわけにはいかない。人馬一体の走りで鮮やかに巻き返した。五分のタイミングでゲートを出ると即座に内田が気合をつけて道中はジェンティルドンナの直後で4番手。同世代の最強牝馬を視界に入れ、じっと息を潜めた。3コーナーで手が動くのはいつものこと。それでも一度エンジンに火がついてしまえば、自慢のスタミナが驚異的な伸びを生み出す。梅雨どきの湿った馬場もお構いなし。全てが内田のイメージ通りだった。

 「スタートは速くなくても押していけば前につけられる自信があった。折り合いはいくらでもつくし、道中は全く問題なかったよ。力でねじ伏せてくれたね」

 今回は1週前から内田が栗東に駆けつけ火曜、水曜、金曜と調教に騎乗。「これだけの凄いメンバーと戦うわけだから自分が何もしないわけにはいかない。力を合わせて、やっていかないとね」。そんな内田の姿勢が全ての面で、いい方に転がった。「馬とコミュニケーションを取れたし、厩舎のみなさんともいろいろな話ができた」。その結果だ。

 検量室前で人馬を出迎えた須貝師は表情を引き締めたまま。「勝っても悔しかった」。能力があるにもかかわらず、天皇賞・春で勝たせてやれなかったからだ。

 「ここは真価を問われるレース。こういう競馬ができると確信していたし、証明できたね。内田君がゴールドシップの気持ちをうまく引き出してくれた」

 昨年の皐月賞、菊花賞、有馬記念に続く4度目のGI制覇で秋春グランプリ連覇を達成。トレーナーの視線は秋へ。「これで頂点に立ったわけだし、これからも強いゴールドシップで居続けないといけない。その責務を僕は負っている」。今後のプランは白紙ながら視界は限りなく広がっている。終始、表情を緩めることなく報道陣に対応した須貝師は最後の最後に「ホッとしたあ」と安どの笑み。今はただ力走をねぎらってやりたい。トレーナーの表情に愛情がたっぷりにじみ出ていた。

 ◆ゴールドシップ 父ステイゴールド 母ポイントフラッグ(母の父メジロマックイーン)牡4歳 栗東・須貝厩舎所属 馬主・小林英一氏 生産者・北海道日高町出口牧場 戦績13戦9勝 総獲得賞金8億4798万5000円。

続きを表示

この記事のフォト

「2022 日本ダービー」特集記事

「目黒記念」特集記事

2013年6月24日のニュース