「虎に翼」ワンオペ花江、道男に恋?ネット驚き「え?」不穏ラストに心配も「倒れない?」俺には分かる継承

[ 2024年6月26日 08:15 ]

連続テレビ小説「虎に翼」第63話。猪爪花江(森田望智・左)は道男に恋?(C)NHK
Photo By 提供写真

 女優の伊藤沙莉(30)がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「虎に翼」(月~土曜前8・00、土曜は1週間振り返り)は26日、第63話が放送された。話題のシーンを振り返る。

 <※以下、ネタバレ有>

 向田邦子賞に輝いたNHKよるドラ「恋せぬふたり」などの吉田恵里香氏がオリジナル脚本を手掛ける朝ドラ通算110作目。日本初の女性弁護士・判事・裁判所所長となった三淵嘉子氏をモデルに、法曹の世界に飛び込む日本初の女性・猪爪寅子(ともこ)の人生を描く。吉田氏は初の朝ドラ脚本。伊藤は2017年度前期「ひよっこ」以来2回目の朝ドラ出演、初主演となる。

 第63話は大庭家の問題は解決に至らず、調停へ。大庭梅子(平岩紙)は息子3人の均等を望むが、長男・大庭徹太(見津賢)は弟に相続放棄を迫る。当初は徹太の相続に同意していた大庭常(鷲尾真知子)だったが、長男夫婦の世話にはなりたくない、三男・大庭光三郎(本田響矢)により多く相続してほしいと翻意。裁判官としてしか関われない佐田寅子(伊藤沙莉)は梅子を案じ…という展開。

 猪爪家、夜食。道男(和田庵)が練習で作った稲荷寿司が出された。猪爪花江(森田望智)はご機嫌。猪爪直人(琉人)は「道男が来たからだよ」「俺には分かる。恋は人を笑顔にする」。寅子が吹き出し「花江が道男を?まさか」と驚くと、直人は「昔おばあちゃんも言ってた。まさか寅子と優三さんが一緒になるなんて。人間、何があるか分からないって」。寅子は返す言葉がなかった。

 家庭裁判所の広報月間の一環として、寅子は多岐川幸四郎(滝藤賢一)とともにラジオ出演へ。花江は寅子を先に寝かせ、一人、裁縫を続けた。

 SNS上には「え?花江ちゃんと道男、もしかする可能性あるの?」「恋というより、推し活的なやつじゃない?」「たぶんワンオペ家事の手伝いをしてくれるからだって」「子どもは時に鋭い感覚を持っている」「受け継がれる伝統芸能“俺には分かる”」「花江ちゃん1人のカットで終わる…倒れたりしない?大丈夫?」「ラストがあまりにも不穏。花江ちゃん幸せになってくれ」などと驚きや心配の声が上がった。花江は果たして。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「STARTO ENTERTAINMENT」特集記事

2024年6月26日のニュース