「虎に翼」あの新聞紙は焼き鳥の…初回伏線回収にネット号泣&まさか「寅子やっと泣けた…こんな状況とは」

[ 2024年5月30日 08:15 ]

連続テレビ小説「虎に翼」第44話。佐田寅子(伊藤沙莉)が新聞紙に「日本国憲法」の文字を見つけると、佐田優三の声が聞こえてきて…(C)NHK
Photo By スポニチ

 女優の伊藤沙莉(30)がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「虎に翼」(月~土曜前8・00、土曜は1週間振り返り)は30日、第44話が放送され、初回(4月1日)の冒頭につながる“伏線回収”の展開。インターネット上で話題を集めた。

 <※以下、ネタバレ有>

 向田邦子賞に輝いたNHKよるドラ「恋せぬふたり」などの吉田恵里香氏がオリジナル脚本を手掛ける朝ドラ通算110作目。日本初の女性弁護士・判事・裁判所所長となった三淵嘉子氏をモデルに、法曹の世界に飛び込む日本初の女性・猪爪寅子(ともこ)の人生を描く。吉田氏は初の朝ドラ脚本。伊藤は2017年度前期「ひよっこ」以来2回目の朝ドラ出演、初主演となる。

 第44話は、これまでの後悔と秘密をすべて告白し、猪爪直言(岡部たかし)は安らかな最期を迎える。佐田寅子(伊藤沙莉)が何事もなかったように生活を続ける中、猪爪はる(石田ゆり子)は娘にお金を渡す。はるも猪爪花江(森田望智)も悲しみを乗り越えるため、好きなことに使ったのだという。寅子は闇市をさまよい、河原へ。佐田優三(仲野太賀)が自分に掛けてくれた言葉がよみがえってくる…という展開。

 1946年(昭和21年)10月、直言が旅立っても生活は続く。

 佐世保に復員船が到着。小笠原(細川岳)という復員兵が“寅(虎)のお守り”を持って寅子を訪ねた。

 優三とは復員を待つ収容所のベッドが隣だった。小笠原の病状が悪化した際、優三はお守りを握らせてくれた。

 「このお守りには、とてつもないご利益があるから、絶対助かるって。その後、私は持ち直しましたが、優三さんは…。私がご利益を吸い取ってしまったんじゃないかとずっと申し訳なくて」「ほんの短い間でしたが、とても優しい、いい男でした」

 はるは直言のカメラを売り、お金を寅子に手渡した。

 「明日は、これを持って出掛けてらっしゃい。これは、自分のためだけにお使いなさい」「贅沢じゃありません。必要なことです。あなただけじゃない。花江さんも、私も、どうしようもなくなった時、内緒で思いっきり贅沢しました。そうするしかなかった。これ以上、心が折れて粉々になる前に、お願いだから立ち止まって、優三さんの死とゆっくり向き合いなさい」

 寅子は闇市へ。焼き鳥を出されるが、食欲はない。帰る寅子を店主の女性が追い掛け「もったいないから、持ってお帰り。しっかりするんだよ」。寅子は河原に座り、焼き鳥を食べる。

 「分け合って食べるって言ったじゃない。必ず帰ってくるって、言ったじゃない」。涙があふれる。ひと口、ふた口。寅子は焼き鳥の包み紙になっていた新聞紙に「日本国憲法」の文字を見つける。

 第14条「すべて国民は、法の下に平等であつて、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない」

 寅子は嗚咽した。

 寅子が河原で1人、「日本国憲法」が書かれて新聞を読んで泣いている姿は初回冒頭のシーン。初回の時点においては分からなかった涙の理由が判明した。

 SNS上には「あ、ここでか!新聞!」「第1話のシーン、こんな状況だったんかい」「予想していた歩みとは全く違ったな。まさか焼き鳥屋さんが包んでくれた新聞記事でたまたま目にしたものだったとは」「伏線回収が凄すぎる…もう涙腺が持たない」「第1話を見た時、法律のため女性のために闘った女性が、戦争が終わり、憲法ができたことに感激して泣いているのかと思った。まさか法曹界から離れ、偶然目にした包み紙の新聞から知ったとは」「寅子と一緒にわんわん泣いた」「トラちゃん、泣けてよかった。私の化粧も全損」「やっと泣けた寅子と一緒に号泣」「寅子が再起する終盤の展開が最高に胸熱でした!第1話冒頭にはこんな深みがあったのね」などの声が続出。視聴者の感動と驚き、涙を誘った。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「STARTO ENTERTAINMENT」特集記事

2024年5月30日のニュース