ますだおかだ・岡田圭右 相次ぐ松竹芸人の退所に決起集会も…後輩のなすなか・中西涙目「マジ悔しい」

[ 2024年5月28日 11:50 ]

お笑いコンビ「ますだおかだ」の岡田圭右
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「ますだおかだ」の岡田圭右(55)が27日放送の日本テレビ「大悟の芸人領収書」(月曜後11・59)にゲスト出演。相次ぐ“松竹退社”について言及した。

 この番組は、MCのお笑いコンビ「千鳥」の大悟が、芸人たちの私生活の領収書をエピソードとともに査定。金額に見合う面白さと判断すれば「承認」とし、全額分をキャッシュバックするといった内容。

 岡田は「我が松竹芸能は設立以来の大ピーンチ」とし「昨今ね、キンタロー。みなみかわが、グーンと来た瞬間に松竹芸能を退社」と相次いで人気芸人が退社している現状を説明した。さらに「松竹を脱出で“脱竹(だっちく)”みたいな言葉も」と紹介。

 「『なすなかにし』が引っ張ってくれたり、そしてヒコロヒーも」と同事務所の人気芸人を挙げ、「この2組が抜けたらもういよいよ」と危機感をあらわにした。これを受け13万2000円の中華のコース料理の領収書を提示し、同事務所の芸人を集めて決起集会を行うことを宣言。

 しかし大悟は、この領収書を「承認」すると、松竹の決起集会を吉本の所属の大悟が払うことになり問題になるのではと投げかけた。「吉本のワシが承認したら会社終わるで」と取り下げを提案するも、岡田は「吉本あっての松竹、松竹あっての吉本や!」と引き下がらず、結果“承認”となってしまった。

 これに共演していた松竹の後輩芸人「なすなかにし」の中西茂樹は「猛烈に退所したい」とプライドを捨てた先輩にあきれ顔。岡田は「中西の目が涙目」と報告し、「ボケやないかい!俺が払うわ!」と領収書を引き下げた。一同は拍手したものの、大悟は「当たり前やけどな」とツッコみ、岡田も「事務所使って小手先の笑いに走ってもうた」とした上で「中西の目がマジやから…。俺のちょっとした小ボケを」と反省。意気消沈した中西は「マジ悔しいっす」と吐露しスタジオを笑いに包んだ。

続きを表示

「美脚」特集記事

「STARTO ENTERTAINMENT」特集記事

2024年5月28日のニュース