柏木由紀“永遠のアイドル”宣言!17年劇場に飾られた“ゆきりん”の額が外され第2幕が始まった

[ 2024年4月30日 20:27 ]

AKB48劇場に飾られた写真パネルを外した柏木由紀(C)AKB48
Photo By 提供写真

 AKB48の柏木由紀(32)が30日、東京・秋葉原のAKB48劇場で卒業公演を行った。2007年4月8日の劇場デビューから6233日でAKB人生に幕を下ろした。

 笑顔、笑顔の最後のステージ。涙あふれた卒業スピーチ。再び笑顔の頬を涙がつたった秋元康氏からのサプライズの手紙。最高の時間を過ごし、ついに劇場に飾られた自身の写真額を外し、AKB48の「ゆきりん」の第1幕にピリオドを打った。

 柏木は「柏木「卒業コンサートがちょうど1か月以上前にあって、そこでも、もういっぱいお話したので、その時は言いたいこといっぱい考えてきたんですけど、今日は本当に最後ですし、本当に私のことを応援してくださる方が来てくださっていると思うので、その場で思ったこと言おうと思ってたんですけど、なんか…。やっぱちょっと実感わいてないなってのが率直な気持ちで。でもなんか17年間本当に…。やっぱこのステージに立つと、初めてステージに立った時のことを思い出すんですよ。私はアイドルがすごい好きで、アイドルになりたいと思ってAKBを受けたのと、それと劇場の公演、毎日ステージに立ちたいっていうのが私の夢だったので、それをかなえてくれるのはAKBかなって思ってAKBを受けたんですけど、まさか中学3年生の当時の自分はこんなに長くアイドルを続けていて、こんなに長くAKBにいるなんて、本当に夢にも思ってなかったので、アイドル好きでアイドルになって本当に、すごい楽しかったなあって」と感極まりながら17年間のAKB48人生を振り返った。

 「いっぱい最後卒業前にいろんなインタビュー受けたりとか“何か大変なことありましたか”とか“つらいこと”とか、いろんなインタビューを受けてきたけど、“どうですか”って言われるけど、本当になくって、毎日楽しかったですし、確かに“思うようにいかないな”とか“自分が長くAKBにいて何ができるのかな”って思うこともあったけど、その毎日を支えてくれたのは、やっぱりファンの皆さんが“何があっても応援するよ”っていう愛情をたくさんくれたりとか…。で、よく言いますけど、本当に今のAKBが本当に大好きで、特にやっぱり私が一番大きかったのが2021年にAKBの単独コンサートをプロデュースさせていただいたのが、今まで自分が何かをAKBのためにやりたいって声を上げたのが本当に初めてのことで、でもそれにメンバーのみんなが凄くついてきてくれて“あ、AKBめっちゃ楽しいじゃん”と。私それまでも今までも楽しいなって思ってたけど、こうやってみんなと何かに向かって頑張ってみたり、時にはちょっと頑張ってみんなを引っ張ってみたり。これがわたしがやりたかったことなんだなって、凄い時間かかったんですけど、なんか3年前くらいにそれを凄く思えて、何回か“やめたほうがいいかな”、とか同期とか先輩とか後輩を見送ってきて“そろそろかな”とか思ったけど、あの時、私はAKBにいて良かった、あっ、まだまだAKBで頑張りたいなって思って。この数年が今までで一番一番正直楽しかったって思います」と素直な思いを吐露。続けて「でも、いようと思えばもっとずっといれたと思うけど、でもこれもいっぱい言ってるけど、本当に今の大好きなみんなにこうやって見送ってほしいなっていうのが最後に見つけた私のアイドルだったから、それが今日かなって、そして最後に“卒業おめでとう”って、“AKBに長くいてくれてありがとう”って、まさか、こんなに…なんかこう…あの…なんだろうな。自分がアイドル好きでやってるだけだったと思ってたことが、最後にこうやってみんなに“AKBにいてくれてありがとう”って言ってもらえて、私の17年のアイドル人生が本当に素敵な形で幕を閉じれたなって、本当にファンの皆さんとメンバーに感謝しています」とファンとメンバーに感謝した。

 「本当にもう、やり残したことは本当にないし、いろいろ楽しいことがあった中で、ここ最近が一番楽しかったです。今のAKBで卒業できて本当に良かったなって、伝わったんだなって、思います。皆さんが私のアイドル人生を最後に認めてくれた気がして、本当にうれしかったです。でも、これからも17年間アイドルやって、AKBやって、私やっぱりアイドル好きだなって思うことができたので、これからもファンの方がいてくれる限り、歌って踊ってステージに立ち続けて、何年かたった後に“あ、やっぱり柏木由紀ってアイドルだったんだね”って言ってもらえるような活動をこれからもしていきたいと思いますのでこれからも温かく見守ってほしいと思いますし、これからのAKBも皆さん温かく見守っていただけたらなと。私もいっぱいいっぱい応援したいと思います。17年間、皆さん本当に本当に温かい声援ありがとうございました!本当に楽しかったです!」と涙を拭い、笑顔がはじけた。

 「AKBのゆきりん」を見守り続けてきた秋元康氏も、サプライズの手紙で柏木に、そしてAKBメンバーに伝えたように、「キミは凄い!決して恵まれたポジションじゃなくても、愚痴をいうことなくいつも笑顔で頑張っていた」。

 AKB48は卒業するが、柏木由紀という「永遠のアイドル」の第2幕の始まりを告げる“原点”である劇場での、32歳のステージだった。

 ◇柏木 由紀(かしわぎ・ゆき)1991年(平3)7月15日生まれ、鹿児島県出身の32歳。選抜総選挙は第1回から第8回まで参加し9位、8位、3位、3位、4位、3位、2位、5位と全て16位以内の選抜圏内。21年のシングル「根も葉もRumor」でグループ史上初めて30代で選抜入り。キャッチフレーズは「寝ても覚めてもゆきりんワールド!!夢中にさせちゃうぞ♪ゆきりんこと柏木由紀です」。血液型B。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「STARTO ENTERTAINMENT」特集記事

2024年4月30日のニュース