安住紳一郎アナ、12歳年下女性と元日婚 お相手は西島まどかさん スポニチに来社していた

[ 2024年1月1日 07:25 ]

TBSの安住紳一郎アナウンサー
Photo By スポニチ

 TBSの安住紳一郎アナウンサー(50)が、1日に38歳の一般女性と結婚することが分かった。現時点で同居はしていない。

 関係者によると、お相手は以前タレント活動をしていた12歳年下の一般女性、西島まどかさん。地元が同じ北海道で、15年ほど前に羽田空港で安住アナから声をかけたのが出会いのきっかけだという。

 西島さんは2007年10月、宝くじの「幸運の女神」としてオータムジャンボのPRのため来社していた。過去には、BS-TBS「夕焼け酒場」に出演。きたろうとともに各地の居酒屋をめぐり、お酒と料理に舌鼓を打ちながら、店主の話に耳を傾け「居酒屋の女神」と呼ばれて人気だった。

 安住アナは明大を卒業後、1997年に入社。「ぴったんこカン・カン」などのバラエティー番組や、選挙特番、東京五輪中継など幅広く活躍し、局のエースアナとして活躍してきた。その“スピード出世”が話題になることも多く、19年には2階級特進で局次長待遇に、翌20年に局長待遇に。さらに23年7月には役員待遇に昇格していた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「STARTO ENTERTAINMENT」特集記事

2024年1月1日のニュース