豊原功補 1998年のクリスマスに電撃結婚…一目ぼれだった

[ 1999年1月4日 16:20 ]

 ドラマ「奇跡の人」で松下由樹(30)の元恋人役を務めるなど人気上昇中の俳優・豊原功補(33)が昨年の12月25日に11歳年下の中村(旧姓)麻美=まみ=さんと電撃入籍していたことが13日、分かった。

 この日、都内で行われた豊川率いる「Kozmic Blue」のライブで本人が明かしたもので、「昨年のクリスマスにオレは結婚した。突然のことで旦那になりきれてないけど、これからもよろしくお願いします」とファンに結婚を報告した。

 豊原の事務所関係者によると、一昨年暮れにバンド仲間から紹介された麻美さんを豊原が一目ぼれ。新妻はスラリとした色白の美女で「若い割に落ちついた女性」と話している。2人は去年の豊原の誕生日(9月25日)ごろから同居生活をスタートさせ、現在は新居を探しているという。

 この日は21日に発売されるデビューシングル「星空」など13曲を熱唱した。今春は東京・表参道の能楽堂で中村梅雀(43)との2人芝居「鬼と人と」や3月5日にアルバム「サンフランシスカンの憂鬱(うつ)」を発表するなど活躍が著しい。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「スカーレット」」特集記事

1999年1月4日のニュース